海外業務です
 

主にJICAのODAに関する調査チームに参加するかたちで海外業務にかかわっています。








・生態系の分野を担当し、自然環境全体のシステムに負荷のかからない観光開発を検討した。





・土壌と植生を担当し、開発地域の農業適否評価を行った。





・土壌分野を担当し、パイロットファーム建設にかかわる農業適地の評価を行った。





・長期専門家を派遣し、ケニア野生生物公社(KWS)の保全教育の能力強化を支援した。




海外業務の過去の事例はこちら
年代 件名
2012 コスタリカ国参加型生物多様性保全推進プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析)
2011 インド国西ベンガル州総合森林開発 生物多様性保全事業準備調査
2011 マダガスカル国生物多様性保全・気候変動対策・防災分野に係る情報収集・確認調査(生物多様性保全)
2008 韓国における航空機と鳥類の衝突防止対策業務
2007 ケニア国野生生物保全教育強化プロジェクト(野生生物保全教育)
2006 ケニア 野生生物保全教育強化プロジェクト
1995 ケニア国全国観光開発計画調査(実施調査) (第2年次)
1995 ケニア環境現況図作成業務(カラー)
1994 ケニア国全国観光開発計画調査(第1年次)
1994 ケニア国全国観光開発計画調査(実施調査) (第2年次)
1993 アフリカゾウの生態に関する文献収集
1992 マハペリカンガ開発計画システムCの実施(平成4年度分)
1992 スリランカ国インギニミチア潅漑ダム建設事業に係る援助効果促進業務の実施
1991 マハベリガンガ開発計画システムCの実施(平成3年度分)
1990 フィリピン国タルラック南部地域小規模灌漑組織強化モデル計画(第2年次)
1990 マハペリガンガ開発計画システムCの実施(平成2年度分)
1990 マハペリガンガ開発計画システムCの実施(平成元年度延長分)
1989 スリランカ共和国マハヴェリ河開発計画システムCに係る業務
1989 フィリピン国タルラック南部地域小規模かんがい組織強化計画実施調査
1989 オマーン国ネジド地方農業開発計画(土壌・土地利用)まとめ
1989 コロンビア国アリアリ農業総合開発計画調査(栽培)第2年次
1989 マハベリガンガ開発計画システムCに係る業務(平成元年度分)
1988 ブルネイMCFARMフェーズUフィージビリティ調査及びブルネイ国牛肉生産自給化に関する提言に係る報告書作成
1988 開発途上国の環境問題に関する資料収集、整理及びその原稿作成
1988 スリランカ共和国マハヴェリ河開発計画システムCに係る業務(昭和63年度分)
1988 オマーン国ネジド地方農業開発計画(土壌・土地利用)
1988 コロンビア国アリアリ農業総合開発計画調査(栽培)
1987 インドネシア共和国稲病害虫発生落@防除計画(第3期)基本設計調査
1987 マハベリガンガ開発計画システムCの実施にかかわる業務
1987 インドネシア共和国第2期スマトラ移住計画


業務内容