アライグマ、ハクビシンによる農業被害、生活環境被害が急増しています。

地域によってはタイワンリスによる柑橘類への食害、樹木の剥皮害あるいは河川、水路におけるカミツキガメの出没など、様々な問題が発生しています。

弊社ではこれらの問題を解決するため、それぞれの実態を詳細に把握したのち、具体的な防除、駆除の提案を行っています。


・アライグマの捕獲(センサーカメラ)



・ハクビシンの捕獲(センサーカメラ)



・カミツキガメの捕獲



・アライグマの足跡



・柱についたアライグマの爪跡



・カミツキガメの捕獲ワナ(カニカゴ)




外来種対策の過去の事例はこちら
年代 件名
2011 特定外来生物(キョン)行動域追跡調査委託
2008 平成20年度アライグマ生息状況調査業務
2007 カメ卵の同定業務 (飯能市で発見された)
2007 アライグマ生息状況等調査業務
2007 カミツキガメ生息状況等調査業務
2006 アライグマ農業被害防除実証事業業務委託
2006 平成18年度 三浦半島タイワンリス生息状況調査業務委託
2006 カミツキガメ処分業務
2005 特定野生動物保護管理調査業務(アライグマ、ハクビシン)


業務内容